スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月28日

Ruger MkⅠ

先日の「中古侍!!」チャージBOXネタです。
ルガーはルガーでも、STURM RUGERです、チョット安心。(←何が?)

マルシンのスタームルガーMkⅠブルバレルを落札、故障品で8,750円だったので、オークションにしては高めです、が、どうやら酔っ払って入札してたようです。(笑)
マガジンが故障と記載してあったのですが、分解してスプリング交換だけで治りました。

本体の写真を撮り忘れた。

専用のマウントベース付きですが、ネジが前後で違う。


外してみると、接着剤の無残な痕跡が・・・

マルシンの説明書によると、接着剤とネジを併用して取り付ける無謀な仕様。
前オーナーは更にネジを紛失して、別のネジにしたようです。

折角マイクロアジャスタブルサイトが付いているのに、ダットサイト付けたら勿体無い。
なので、接着剤痕を消すために、整形&塗装します。

分解と洗浄。
分解は簡単、その後中性洗剤で洗って、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

伸ばしランナーと瞬間接着剤で埋めます。


600番と1000番のペーパーで整形、成形時は「やすり放題」で歪みが無いように注意します。


が、ココで問題発生!
スプレーが無い!((゜□゜;))
キャロムショットのブラックスチールを使うつもりでしたが、手持ちの缶は残量が少ないため、今日は塗装は無理です。
まぁ、雨天なので「カブリ」の問題もあるし、次回にします。  


Posted by naiman  at 12:02Comments(0)エアガン・モデルガン

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人