2011年12月23日

A&K ウィンチェスターM1892 リアルウッドモデル後編

アホの子なので、記事の出し惜しみなんてしません、続きです。

http://naiman.militaryblog.jp/e283920.html
↑で治ったので、気をとりなおしてレビューします。

右側面にはローディングゲートがあり、他の多くの銃と違って、自分はコッチが「顔」だと思います。

ちなみに、全金属製(多くは亜鉛合金)で重量はメーカー公表値で2,600gだそうで、適度な重量感が◎。

反対っ側、トリガー上部の輪っかはスイベルリング、フロントには対応するリングが無く、「既にCQBスリングの構想が!?」(←馬鹿;)


付属品は、件の取扱説明書;、クリーニングロッド、専用ローダー、-ドライバー、六角レンチ2本。

外箱には初速データが貼付されてます。

では、各部を見てみましょう。

レバーを下げると、ロッキングボルトが下がり、遊底が後退します、実銃どおり・・・・・というより、コピー元のマルシン製を忠実に再現してます。(笑)

レバーを完全に戻さないとハンマーは落ちません、前回のトリガーバー先端はこのためにあります。
トリガープルは重ためですが、機関部は分解がラクなので、チューンするのもアリ。

赤矢印で示したところにポップアップ調整用のイモネジがあります。

リアサイトは可倒式の豪華な仕様で、200m以上の遠距離には立てて使用、九九式短小銃の照門みたい。

リアルウッドですよ、木ストですよ、奥さんっ。
色合いがかなり鮮やかな木材を使ってあり、表面仕上げも良好、勿論、自分好みに着色するのもアリアリですね。(^o^)

バットプレートは金属のプレス製、金色のメッキがかけてあり、真鍮製と違い曇りにくいのがGood!!

実射です。
BB弾は実銃(&マルシン)どおり、ローディングゲートから装填。

脳内では6mmBB弾が44-40に変換。(^^;)

しかし、44-40と違い、6mmBB弾は素手では入れづらいので、ローダーを使います。

カチッとハメて使用します、パイプ部分は脱着出来るので、マルイのローダーなどと合体させるのもアリか?

手順が前後しますが、ガスはマガジンチューブ先端のキャップを回して、引きぬくとガス注入口が現れます。
キャップにはコインで回すような凹みがありますが、爪で簡単に回ります。

ガス注入後は、ロック用プランジャーの位置を合わせて挿し込むだけ、回す必要はありません。

スタンスの取れる場所が無く、精度テストはしませんでしたが、輸入元の初速測定値が約88m/secあり、実際撃ってみると、ホップ調整が適正なら、かなり遠くまでフラットに飛びます。

冬場で無ければサバゲで狙撃用にも使えるかも、そんな奴いないでしょうが。

これで、もう少し作りと、金属部の仕上げが良ければ・・・・・価格を考えればしょうがないのかな?
ストックが綺麗で、射撃性能もソコソコなので、余計に残念です。
ガスガンなどをイジれる人にならオススメですが・・・・・






同じカテゴリー(エアガン・モデルガン)の記事画像
酔った勢いで・・・
コイツはマグナム44だ、
んと、グロックG34です。
電動ガバメント
さっき届いた。
KG9です。
同じカテゴリー(エアガン・モデルガン)の記事
 酔った勢いで・・・ (2014-02-22 12:51)
 コイツはマグナム44だ、 (2013-12-14 14:42)
 んと、グロックG34です。 (2013-10-27 04:45)
 電動ガバメント (2013-10-26 14:12)
 さっき届いた。 (2013-02-28 20:50)
 KG9です。 (2013-01-26 09:16)

Posted by naiman  at 18:55 │Comments(1)エアガン・モデルガン

この記事へのコメント
A&K ウィンチェスター M1892 ガス漏れ
各部点検/できますか、どのぐらい料金かかりますか。
Posted by 海老原利明 at 2014年08月21日 09:35
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人