スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年04月29日

爽快人間なのさ!

自分は、
http://naiman.militaryblog.jp/e319887.html
↑身体も態度もデカいうえに、
頭もデカい(爆;)

帽子を買う時は61cmか、7と4/3in、つまりXLサイズです。
中々合うのが無いし、頭が蒸れるのは当然イヤで、夏場は困ってました。

で、先日ウィリーピートでこんなモノを購入。

店員さんイチオシのヘッドラップ(?)です。
カラーは4種類あったのですが、黄色系が多く、赤チームになった時に誤射されそうなので、この色に。

薄手の布をチューブ状にしただけのモノですが、横方向にのみ伸びるのが特徴。

頭や首に横に伸びてフィットします。

自分撮りが苦手なので、取説のイラストを。

コイツら何で笑っているんだろ?

これなら通気性も良さそうなので、蒸れにくいし、伸びてフィットするので、落ちにくい。
保護目的では少し弱いですが、木の枝程度なら問題無いので、インドア戦でなければOKでしょう。  


Posted by naiman  at 07:39Comments(0)装備やら何やら

2012年04月28日

バトン秋葉原店

今日は、知人と秋葉原巡りの旅でした。

今回見たかったお店が、「Gunsmith バトン 秋葉原店」です。

なんと、タムタムの横のビルに入ってます。

向かいはECHIGOYAなので、エアガン関係の買物の殆どが"外神田5丁目交差点"付近で済んでしまいますね。(笑)

いかにも雑居ビルな感じなので、モザイクかけてみました。

エレベーターで5階へ。

ブレブレの写真で申し訳ない。
オープンして間もないせいか、店内は商品が少なめ。

ガンスミスと言うだけあって、基本的に"吊し"のエアガンはありません、流速チューンでしたっけ?そういうカスタムガンがディスプレイされてます。
右の青い幕は、シューティングレンジ、距離は8mほど。

自分のような者には、パーツ買うくらいしか用のない店ですが、アキバにまた1店舗エアガン屋さんが出来た事を喜びましょう。

購入物品。

弾と、ホップパッキンと、1,980円のグレネード。
グレネードはBB弾だけでなく、なんでも入るヤツです。

会計を済ますと、7月まで使える「シューティングレンジ500円」券をくれました。

店員「シューティングレンジ 15分 500円が無料で使えます。」
ほぅ、それは親切な・・・・・じゅ、15分で500円!? ((゜゜;))
高っ! 15分なんて、弾込めしてたら終わっちゃうじゃん!!

ま、何にせよ、秋葉原に行った時は、寄ってみなはれ。  


Posted by naiman  at 20:15Comments(2)もはや何でもあり

2012年04月26日

わさびタルタル

さて、Take.Rさんお待ちかね、マクドナルドの期間限定商品「チキンタツタ わさびタルタル」です。

開けてビックリのレタスの量!!
となりのベーコンレタスバーガーの3倍は入ってます。(^^;)

正直なところ、チキンタツタって、ボソボソしてて、あまり美味しいとは思わないんですよ。

でも、コレは"わさびタルタルソース"によるしっとり感が加わって、とても美味しい。
わさび風味もキツすぎす、サッパリとした香りが楽しめます。
ふっくらとしたチキンタツタ専用バンズと、大量のレタスのおかげで、ボリュームも中々のモノ。

是非、お試しあれ。
  


Posted by naiman  at 20:57Comments(2)飲食物

2012年04月23日

ごまだれきんぴら

ハンバーガーばんり食べているワケではありません。
自称「ご飯食推進委員」なので、米も大好きです。

で、今日の晩御飯は「すき家」の「ごまだれきんぴら牛丼」です。

デジカメを忘れたので、携帯で撮ったらやはり綺麗に写ってない。orz
所詮電話機ですね。

中盛の豚汁サラダセットを注文、牛丼を食べているのに、1日分の野菜を摂れてます。(笑)

"ごまだれきんぴら"は美味しいのですが、牛肉の柔らかさとゴボウの歯ごたえが相反して、食感がイマイチ。
ごまだれも牛丼の汁との相性は今一つ。
まぁ、期間限定商品なので、試しに食べるのはアリです。  


Posted by naiman  at 19:13Comments(2)飲食物

2012年04月21日

プチお色直し

少し前にTake.Rさんのプログで、マルイデトニクスのプラバレルに、めっき工房で金メッキしてたので、真似ます。

被験者はいつものデトキャパ。

グリップも塗り直したいのですが、最近は天候が悪いので、また後日です。

手軽にメッキが出来る「めっき工房」、便利ですが、モデルガン&エアガン用途となると、亜鉛とアルミにメッキ出来ないので、使い道に悩みますね。

見えないところはメッキしない。
電池が弱っているのか、メッキ作業に勢いがありません、電池買ってこなきゃ。

ついでにエッグホールハンマーを、一寸OLD臭が漂うコマンダータイプに交換。

まん丸の小さな穴がソソります。(←ナンノコッチャ?)

こんな感じになりました、AGITOのキングジョー氏に派手と言われたデトキャパですが、更に派手になりました。

うーん、いいぞ、カッコいいぞ、オレのデトキャパ!!(←馬鹿;)  


Posted by naiman  at 16:56Comments(0)改造 (魔改造ではない)

2012年04月18日

小さな巨人?

先日のサバゲの最中に、自分を見た若い子から
「レシーライフルが小さく見えますね。」
と、言われました。

    \ ウガー!! /

自分では気づかなかったのですが、写真を見ると、他の隊員のM4などに比べて、確かに小さく写ってる気がする。
身長177cmですが、白っぽいACUやA-TACSの膨張効果に加えて、一番の原因は、

  態度がデカい (笑;)


オマケ

ジャバ・ザ・ハット (^^;)  


Posted by naiman  at 20:50Comments(6)

2012年04月15日

今日は、サバゲ。

今日はサバゲでした。
WATA3隊員、レポート夜露死苦!!
http://wata3.militaryblog.jp/


しかし、目立つな、A-TACS (´д`;)

使用した銃器。
マルイの次世代レシーライフルと、サイドアームにタナカのルガーP08、でも、ガス風呂は寒さでまだダメでした。

ルガーはゴールドメタルフィニッシュです。(笑;)  


Posted by naiman  at 17:56Comments(0)

2012年04月14日

巷で話題沸騰!?

暖かくなり、サバゲでガス風呂ハンドガンが活躍出来る季節になって来ましたね。
が、他の人と同じ銃じゃ個性がありません、でも、外観をカスタムするのはチョット・・・
そんな貴方に、巷で大人気のV4バレル(一部地域を除く)は如何でしょう?

さて、今回の食材はマルイG18CとクラシックアーミーのG26です。

バラします。
ちなみに、CAのG26はマルイコピーですが、パーツのサイズが微妙に違うため、スライド等を交換するには若干の加工が必要になります。

マルイG18Cのインナーバレルは、アウターバレルのガスポートから見えるため、黒いテープが貼られてます、社外品と交換する時は同じ箇所を黒く塗装しときましょう。

いつもどおり、ホップパッキンを裏返して、突起部分にV字の切り込みを入れます。

よく切れるナイフを使いましょう。
「弘法筆を選ばず」とか言いますが、ウソです(←断言)、いい料理にはいい道具が必要です。

Take.Rさんは細い金属ヤスリで溝を彫りますが、ここでは金属ノコギリでスリットを加工します。

目安はホップパッキンの下側辺りまで、切り込みを入れます。
この方法はセンターが決めやすい反面、仕上げに手間がかかるので、棒ヤスリと比較しても一長一短。

ヤスリやペーパーで内側のバリを処理して完成。

お好みでバレル内部をコンパウンドで磨くと、更にヨイでしょう。

組み立てると、こんな感じになります。

ノーマルの2点保持に比べ、上下が溝状になり、赤矢印の4点で常にBB弾が同じ位置で保持されます。

バレル交換が出来て、少しの工具があれば簡単に作れます、お試しあれ。  


Posted by naiman  at 14:47Comments(2)改造 (魔改造ではない)

2012年04月12日

さくらてりたま

少し遅れてますが、マクドナルドの「さくらてりたまバーガー」を食べました。

商品写真とのギャップには慣れてますが、

これは酷い。(笑)

しかも、右のビッグマックと同じ320円、高っ!

ですが、一口齧ると仄かな桜の香りが口の中に広がり、クドくてしょっぱいテリヤキソースを、タマゴと共に中和してくれます。
ノーマルのテリヤキバーガーより、かなり美味しい。(^o^)
相変わらずテリヤキソースで手がベトベトになります、持ち帰りで買って、ビール片手に近所の桜でも見ながらかぶりつくのがヨイかと。

期間限定商品なので、お早めに!!  


Posted by naiman  at 19:12Comments(2)飲食物

2012年04月07日

次世代プチ改造

全国的に大人気のV4バレル。(一部地域を除く)

ハンドガンでは製作が楽ですが、長物電動ガンでは、チェンバーパッキン形状のせいでV4加工は困難です。
社外品のパッキンを使うのもアリですが、コストを考えると・・・

なので、4点支持を諦めて、3点支持にします。

犠牲者被験者は次世代レシーライフルと、次世代M4改Beastです。

まずは分解します、と言っても、レシーバー前方のピンを抜くだけの簡単設計。

チャージングハンドルを少し引きながら、「オープンゲット!!」と叫び分離します。

組立時にはチャージングハンドルをセットした状態で組みますが、赤矢印の部分がちゃんと合わさっているかに注意。

チャージングハンドルを前後に動かしながら、合わせましょう。

HOP調整を0にしてから、留め具を外して、チャンバーからバレルを引っこ抜きます。

とっても固いいので、焦らずゆっくりと引っ張りましょう。
「こんなにかたくなって、」
「焦らないで、ゆっくりと、そう、上手・・・っ!あん!」

分解バラバラ♪

白いパーツは「マグパイプ」です。

折角なので、少し長いバレルにします、上から
G3SAS用208mm
レシーライフル用315mm
XM177E2用?355mm
M4A1用364mm

SAS用はBeastにそのまま、レシーのはいかんせん短か過ぎなので、355mmのに換装します。

チェンバー下部のスリット加工をします。

Take.Rさんなら棒ヤスリで丁寧に処理するのでしょうが、naiman工房では金ノコでザックリと。(笑;)

ペーパーでバリ取りをして、内部を磨きます。

細くしたウエスをバレルに通し、コンパウンドを塗布して、ウエスを固定、バレルを前後にシコシコすると、内部が鏡面仕上げに。

バレル内をクリーニングした後、組み込みます。

BB弾が下側の2点で保持されるため、安定した状態になる・・・・・ハズ。

インナーバレルを長くしたので、はみ出ますが、自分はエクステンションバレルを取り付けてるので、無問題。

初速も86.6〜87.0m/secで、以前とほぼ変わらず。
肝心の命中精度ですが、実戦で使用しないことには何とも言えませんが、試射した限りでは、遠距離でもほとんどの弾が同じ軌道に見えるので、ソコソコ成功ではないかと。

Beastも同様の加工を施しました、こちらはバレル長200mmのままなので、初速の変化は無し。

さて、4点支持のV4バレルに対し、何か命名を・・・・
上1点、下2点の△型だから・・・おっ、閃いた!!
命名「Λバレル(ラムダバレル)」!
くぅ〜っ、カッコいいぞ、オレのセンス!!(←馬鹿;)

次のゲームはこの2丁で決まりだ!  


Posted by naiman  at 17:10Comments(6)改造 (魔改造ではない)

2012年04月04日

スーパーナチュラル コルト

ブログの更新が無いと、心配してくれたTake.Rさんには申し訳ないんですが、最近は帰宅すると、米ドラマの「SUPERNATURAL」を見てます。
しかも、今更シーズン2。(笑;)

サムとディーンのウィンチェスター兄妹が、ハンターとして魔物を狩るというドラマですが、塩を込めたショットガンや、銀の弾丸のガバやM92F、他のハンター達も様々な銃を使用します。

その中でも異色かつ必見なのはコレ!

パターソンリボルバーのカスタムガン「コルト」です。

サミュエル・コルトがあるハンターのために製作し、同時に作られた13発の銀の弾を使用をすれば、真祖の吸血鬼だろうが、悪魔だろうが、どんな魔物も殺せるという銃。
直死の魔眼みたいで、凄い。(^^;)

プロップはレプリカを使用しているせいで、金属カート式になっており、紛失している8発の残弾が気になります。
何より、レプリカとはいえ、パターソンリボルバーの発車シーンがある"現代劇"はこれだけ、必見ですよ。

↓アメリカではその「コルト」のレプリカもあるようです。

こちらはちゃんと13発の弾丸があります。

ハートフォードさん、パターソンの次のバリエーションはコレでお願いします!  


Posted by naiman  at 20:33Comments(2)映画ネタ


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人